本文へ
表示モードの切替
印刷

【6月20日】令和3年度研修実施結果報告(総合教育センター)

1 研修講座事業

1 概要

 群馬県教員育成指標を踏まえて研修を体系化した「ぐんま教職員ステージアップシステム」に基づいた研修を実施し、教職員の資質能力の向上を図った。

(1)研修改善の主旨

  • GIGAスクール構想の実現に向けた教職員の指導力向上を図る。
  • 国や県の動向、今日的な教育課題に対応した研修の充実を図る。

(2)研修講座の改善点

 1 基幹研修

【対象年次変更に伴う変更】 ※本変更については令和元年度に示しています。

対象年次変更に伴う変更
研修名 変更点
小・中学校6年目経験者研修
特別支援学校6年目経験者研修
養護教員6年目経験者研修
令和3年度から「6年目経験者研修」として再開した。
※「5年目経験者研修」から移行

【令和2年度に新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止した研修の対応】

令和2年度に新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止した研修の対応
研修名 変更点
県立学校実習教員6・7年目経験者研修 令和3年度受講対象者に令和2年度受講対象者を加え、合同で実施した。
中堅教諭等資質向上研修 令和3年度から受講対象を12年目にして実施した。
※令和2年度受講対象者をそのまま受講対象とした。
※幼稚園等の教員は10~13年目を受講対象(変更なし)
※栄養職員は11・12年目を受講対象とし、令和3年度に実施し、以降は隔年実施

【ICT活用指導力向上に関する研修内容の充実】

  • 経験者研修の各教科指導において、ICTを活用した指導の工夫や効果的な活用方法、家庭学習における授業との連動等、「授業中にICTを活用して指導する能力」や「児童生徒のICT活用を指導する能力」に関わる研修を実施した。
  • 授業だけでなく校務におけるICT活用や教育の情報化に伴う情報セキュリティ確保や個人情報保護の重要性等、「教材研究・指導の準備・評価・校務などにICTを活用する能力」や「情報活用の基盤となる知識や態度について指導する能力」に関わる研修を実施した。

【新型コロナウイルス感染拡大防止対応等危機管理に関する研修の拡充】

  • 経験者研修において、危機管理マニュアルに基づく対応の在り方や、学校における様々な状況を想定したリスク・マネジメントなど、危機管理の内容を扱った。
 2 指定研修

【令和2年度に新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止した各新任者研修の対応】

  • 令和2年度の受講対象者は、希望があれば下記の令和3年度の研修を受講することができた。
令和2年度に新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止した各新任者研修の対応
研修名 対応等
新任幼稚園等園長研修
新任幼稚園等副園長・教頭研修
新任生徒指導主事研修
新任高校特別支援教育コーディネーター研修
特別支援学校新任者研修
通級指導教室新任者研修
令和3年度受講者と合同で受講
新任教務主任研修 希望研修「教務主任研修講座」で受講
新任進路指導主事研修 希望研修「進路指導主事研修講座」で受講
新任学年主任研修 希望研修「学年主任研修講座」で受講
特別支援学級新任者研修 希望研修「特別支援学級基本研修講座」で受講

【統合する研修講座】

  • 「高校英語科教員指導力向上研修」は、希望研修「英語科授業づくり研修講座」と統合し、新たに希望研修「高校英語科研修講座」として実施した。
 3 希望研修

【ICT活用指導力向上に関する研修内容の充実】

  • 「算数・数学科研修講座」等、教科等に関わる研修において、「授業中にICTを活用して指導する能力」「児童生徒のICT活用を指導する能力」等の内容を扱う研修を実施した。
  • 「ICT活用指導力向上研修講座」において、1人1台端末に応じた実践例などの研修内容を充実させた。また、「情報モラル研修講座」も統合し、1人1台端末を活用する際の情報モラルの研修内容を取り入れた。

【サテライト方式による研修の充実】

  • 次の5講座でセンターでの研修に加えてセンター以外の会場にて集合による研修「サテライト方式による研修」を設定した。

 「小学校プログラミング教育研修講座」
 「健康教育研修講座」
 「特別支援学級基本研修講座」
 「いじめ・不登校等問題対策研修講座」
 「外国人児童生徒等の担任等研修講座」

【変更する研修講座】

  • 従来、研修講座として実施していた「小・中学校臨時的任用教員研修講座」については、「群馬の教職員スタートアップ動画」として研修内容を動画で配信した。
 4  その他

【受講形態の特徴を活かした多様な研修機会の提供】

  • センター研修(集合研修)とオンライン研修を組み合わせたハイブリッド型研修を推進した。

2 実績

(1)講座数・受講者数

( )内は令和2年度
  講座数 開催日数 研修日数 受講人数 受講対象者
基幹研修
講座
27
(17)
192
(68)
170
(61)
1,723
(1,108)
経験年数に応じて受講
指定研修 22
(7)
38
(9)
36
(9)
1,056
(354)
職種・職務に応じて受講
希望研修 57
(20)
162
(39)
160
(39)
1,311
(462)
教職員の希望者が受講
公開講座 2
(0)
2
(0)
2
(0)
12
(0)
一般県民を含む希望者が受講
全体 108
(44)
394
(116)
368
(109)
4,102
(1,924)
 

 開催日数…研修講座のすべての日数
 研修日数…1人の受講者が参加する日数(半日等の研修でも1日)

(2)令和3年度に開催した研修講座一覧

 1 基幹研修
基幹研修一覧
  研修講座名 開催日数 研修日数 受講者人数
1 幼稚園等新規採用教員研修 10 10 175
2 小・中学校初任者研修 22 14 233
3 高校初任者研修 17 16 47
4 特別支援学校初任者研修 20 17 49
5 新規採用養護教員研修 11 11 21
6 新規採用学校事務職員研修 8 8 15
7 県立学校新規採用実習教員研修 4 4 1
8 小・中学校2年目経験者研修 5 3 193
9 高校2年目経験者研修 2 2 38
10 幼稚園等3年目経験者研修 2 2 35
11 高校3年目経験者研修 4 4 38
12 特別支援学校3年目経験者研修 5 5 48
13 学校事務職員3年目経験者研修 5 5 20
14 小・中学校4年目経験者研修 6 3 185
15 幼稚園等5年経験者研修 3 3 25
16 小・中学校6年目経験者研修 8 5 192
17 高校6年目経験者研修 4 4 66
18 特別支援学校6年目経験者研修 4 4 29
19 養護教員6年目経験者研修 4 4 8
20 県立学校実習教員6・7年目経験者研修 2 2 8
21 幼稚園等中堅教諭資質向上研修 8 8 19
22 小・中学校中堅教諭資質向上研修 10 8 149
23 高校中堅教諭資質向上研修 7 7 82
24 特別支援学校中堅教諭資質向上研修 10 10 23
25 中堅養護教員資質向上研修 7 7 18
26 中堅学校栄養職員資質向上研修 3 3 3
27 県立学校中堅実習教員資質向上研修 1 1 3
合計 基幹研修(27講座) 192 170 1,723
 2 指定研修
指定研修一覧
  研修講座名 開催日数 研修日数 受講者人数
1 新任幼稚園長等研修 2 2 19
2 新任校長研修 3 3 130
3 新任副校長・教頭研修 3 3 144
4 新任事務長研修 2 2 26
5 新任幼稚園副園長・教頭研修 1 1 16
6 新任特別支援学校部主事研修 2 2 13
7 新任教務主任研修 1 1 23
8 新任生徒指導主事研修 1 1 64
9 新任進路指導主事研修 1 1 26
10 新任学年主任研修 1 1 100
11 新任高校特別支援教育コーディネーター研修 1 1 20
12 新任事務長代理・副主幹研修 2 2 7
13 新任事務主任研修 3 3 10
14 新任栄養教諭研修 0 0 0
15 特別支援学校新任者研修 2 2 16
16 特別支援学級新任者研修 5 4 77
17 通級指導教室新任者研修 2 2 42
18 県立学校公仕研修 2 1 74
19 特別支援学校寄宿舎指導員研修 1 1 12
20 キャリア教育実践研修 1 1 70
21 高校道徳教育実践研修 1 1 83
22 高校主権者教育実践研修 1 1 84
合計 指定研修(22講座) 38 36 1,056
 3 希望研修
希望研修一覧
  研修講座名 開催日数 研修日数 受講者人数
1 国語科研修講座 1 1 34
2 算数・数学科研修講座 1 1 32
3 社会科・地歴公民科研修講座 2 2 11
4 理科研修講座 3 3 24
5 音楽科研修講座 1 1 13
6 図画工作科・美術科研修講座 2 2 23
7 体育科・保健体育科研修講座 0 0 0
8 安全な柔道授業づくり研修講座 1 1 5
9 技術科研修講座 2 2 8
10 家庭科研修講座 1 1 16
11 共通教科情報研修講座 2 2 5
12 道徳科授業づくり研修講座 1 1 18
13 小学校プログラミング教育研修講座 10 10 18
14 英語科授業づくり研修講座 2 2 16
15 小学校外国語活動・英語科研修講座 1 1 23
16 中学校英語科研修講座 1 1 22
17 はばたく群馬の指導プラン2研修講座 2 2 22
18 特別支援学校部主事研修講座 1 1 14
19 教務主任研修講座 1 1 34
20 進路指導主事研修講座 1 1 10
21 保健主事研修講座 1 1 18
22 学年主任研修講座 1 1 17
23 研修主任研修講座 1 1 49
24 小学校生徒指導力向上研修講座 1 1 6
25 道徳教育推進教師(道徳主任)研修講座 1 1 11
26 進路実現をサポートする教科指導力向上研修講座 4 4 20
27 幼児教育研修講座 1 1 48
28 健康教育研修講座 14 14 24
29 学校事務職員スキルアップ研修講座 8 8 134
30 専門性を高める学校図書館担当職員研修講座 1 1 13
31 特色ある高校教育推進研修講座 1 1 4
32 見る・触れる・体験する環境教育研修講座 1 1 7
33 高校専門教育研修講座 4 4 34
34 ICT活用指導力向上研修講座 7 7 80
35 理科実習教員研修講座 1 1 4
36 特別支援教育充実研修講座 2 2 46
37 発達障害児学習支援研修講座 2 2 88
38 特別支援学級基本研修講座 5 3 23
39 心理検査研修講座 1 1 28
40 いじめ・不登校等問題対策研修講座 3 3 26
41 高等学校探究活動推進研修講座 1 1 10
42 外国人児童生徒等の担任等研修講座 2 2 10
43 食育研修講座 2 2 3
44 ぐんま教職員キャリアアップ研修講座 2 2 19
45 カリキュラム・マネジメント推進研修講座 1 1 1
46 学校組織マネジメント推進研修講座 1 1 5
47 若手教員のための学校経営参画研修講座 1 1 3
48 学校経営ステップアップ研修講座 18 18 14
49 学校安全研修講座 6 6 5
50 『チームとしての学校』推進研修講座 6 6 10
51 教職員多忙化解消推進研修講座 1 1 7
52 地域とともにある学校づくり研修講座 1 1 3
53 中学校免許外教科担当教員研修講座 1 1 15
54 異校種異動に伴う高校教科指導力向上研修講座 10 10 2
55 高校・特別支援学校臨時的任用教員及び非常勤等職員研修講座 2 2 18
56 教育相談初級研修講座 6 6 101
57 教育相談中級研修講座 5 5 57
合計 希望研修(57講座) 162 160 1,311
 4 公開講座
公開講座一覧
  研修講座名 開催日数 研修日数 受講者人数
1 キャリア教育を考える 1 1 3
2 外国人児童生徒等に対する日本語指導研修講座 1 1 9
合計 公開講座(2講座) 2 2 12

3 成果と課題

(1) 成果

  • 初任段階の研修の連続性や経験年数の段階性を踏まえ、教科指導や学級経営等の課題解決を図り、実践的指導力を高めることができた。
  • 初任者及び新規採用職員研修(幼稚園、小・中学校、高等学校、特別支援学校、養護教員、学校事務職員、実習教員)に必要な研修内容を整理・精選したことにより、受講者の多忙化解消につなげることができた。
  • 「若手教員のための学校運営参画研修講座」を実施し、若手教員の学校運営への主体的な参画意識を養うとともに、組織の一員として積極的に学校運営に参画する力や校務を円滑に遂行する力を高めることができた。
  • 「特別支援学級基本研修講座」「食育研修講座」「学校安全研修講座」「『チームとしての学校』推進研修講座」「地域とともにある学校づくり研修講座」などの今日的な教育課題に対応した研修を実施し、受講者の職種・職務に対応した資質・能力の向上に寄与することができた。
  • 「小学校プログラミング教育研修講座」「特別支援学級基本研修講座」「健康教育研修講座」「いじめ・不登校等問題対策研修講座」「外国人児童生徒等の担任等研修講座」をセンター以外の会場にて「サテライト研修」として実施し、研修機会を拡大することができた。
  • 研修講座の実施にあたり、県のガイドラインを参考に作成した「新型コロナウイルス感染症に対応した研修講座等の運営に関するマニュアル」を改訂し、マニュアルに基づき全所体制で研修講座の運営に努め、感染者を一人も出すことなく全研修を終了することができた。

(2) 課題

  • ICT活用の特性・強みを生かした学習指導要領の趣旨の実現に向けた教職員の指導力向上に資するよう、1人1台端末の導入・活用による実践事例を踏まえ、「授業中にICTを活用して指導する能力」「児童生徒のICT活用を指導する能力」などにおける研修内容を充実させる必要がある。
  • 改定した「群馬県教員育成指標」で求められるステージごとの資質能力との関連を踏まえた研修内容の充実を図る必要がある。また、実施要項等に教員育成指標との関連を明記する必要がある。
  • 基幹研修において、リーガルマインドを尊重した教育公務員を育成するため、関係法規を取り入れた研修内容を充実させる必要がある。
  • 新任管理職等対象の研修において、管理職や主事・主任が職場のコンプライアンス意識の醸成のための体制づくりを行うことができるよう、教育法規に関する内容をより充実させる必要がある。
  • 令和3年度の各研修講座の運営状況を踏まえて、集合研修とオンライン研修のそれぞれの有効性を検証して最適化された受講形態による研修を実施するなど、ハイブリッド型研修を更に推進し、受講環境を充実させる必要がある。
  • オンデマンド用コンテンツを充実させるため、教員育成指標の項目、各キャリア段階等に応じた動画を作成・集約し、センターWebサイトに掲載する。教職員が時間と場所に制約されることなく、自律的かつ継続的に学ぶことができるようにする必要がある。

2 教育研修員研修事業

1 概要

 教員の資質能力の向上を図るために、教育の今日的課題の解決や実践的指導力の向上を目指した研究、及び長期社会体験による研修を行い、優れた識見と指導力を身に付けた教育活動の推進者を育成した。長期研修、長期社会体験研修、特別研修の3種類の研修を実施した。

<研修別基本方針>
種別 基本方針
長期研修 本県の教育課題を踏まえた研修を通して、実践的な指導・助言力を高めるとともに、研究協力校や地域の中核として指導的な役割を担うことのできる人材を育成する。
長期社会
体験研修
企業等における研修を通して、社会的識見や教科の専門性を高めるとともに、本県のキャリア教育の中核として指導的な役割を担うことのできる人材を育成する。
特別研修 授業実践を通して、教科等の指導力を高めるとともに、研究協力校や地域において指導的な役割を担うことのできる人材を育成する。

2 実績

(1) 研修員数

研修員数
種別 幼稚園 小学校 中学校 高等学校 中等教育学校 特別支援学校 合計
長期研修 0 10 6 3 0 1 20
長期社会体験研修 0 1 0 3 0 0 4
特別研修 0 10 16 8 1 2 37
合計 0 21 22 14 1 3 61

(2) 研究領域等

 1 長期研修の研究領域
長期研修の研究領域
研究領域 研修員数 研究領域 研修員数
国語 3 道徳 1
社会、地歴、公民 2 特別支援教育 2
音楽 1 ICT活用教育 4
図画工作、美術 1 多文化共生教育 2
外国語、外国語活動 1 高校教育の改善 3
 2 長期社会体験研修における研修先企業
長期社会体験研修における研修先企業
義務校教員の研修先 研修員数 県立校教員の研修先 研修員数
群馬ヤクルト販売株式会社 1 株式会社ヤマト 1
    株式会社クライム 1
    システム・アルファ株式会社 1
 3 特別研修の研究領域
特別研修の研究領域
研究領域 研修員数 研究領域 研修員数
国語 3 工業 1
社会、地歴、公民 4 商業 1
算数、数学 9 道徳 4
理科 1 総合的な学習(探究)の時間 1
図画工作、美術 2 特別活動 1
体育、保健体育 1 特別支援教育 3
外国語、外国語活動 3 生徒指導・教育相談 1
農業 1 多文化共生教育 1

3 成果と課題

(1) 長期研修

 1 成果
  • 今日的な教育課題の解決に向けた研究を通して、提案性のある教材や指導資料を開発し、授業実践に結び付けることができた。
  • センターにおける様々な検討会や、研究協力校の校内研修に積極的に参画し支援することにより、研修員の指導・助言力を高めることができた。
  • 高校教育の改善に関する研究では、令和4年度より高等学校で実施される学習指導要領改訂に伴う観点別学習状況の評価について理解を深めるための研修コンテンツの開発を行い、研修(1人1台端末を使用した職員研修)での活用を通して、その効果を検証することができた。
  • 多文化共生教育に関する研究では、外国人及び日本人児童生徒が互いの多様性を受け入れ、共に活躍できる未来のための多文化共生教育の充実を目指し、日本語中期指導プログラムや在籍学級での支援を紹介する、外国人児童生徒等への学習支援ガイドブック「ぐんまのかけはし」を作成することができた。
 2 課題

〇教材開発研究や授業研究等の更なる充実を図ることにより、研究成果を積極的に県内の学校等へ普及していく必要がある。

(2) 長期社会体験研修

 1 成果
  • 企業等における1年間の研修を通して、社会的識見や教科の専門性を高め、キャリア教育の中核的な役割を担うことができる必要な知見を得ることができた。
  • 企業等での体験を生かした研究協力校における授業実践や、研修成果をまとめた「キャリア教育リーフレット」の発信など、県内のキャリア教育の推進に寄与することができた。
 2 課題

〇本県のキャリア教育の更なる充実のため、実践内容やリーフレットの活用を一層推進する必要がある。

(3) 特別研修

 1 成果
  • 授業を公開したり実践の成果を発信したりすることを通して、研究協力校や地域の教職員の教科等の指導力向上に寄与することができた。
  • 「はばたく群馬の指導プラン2」に基づく授業構想や、模擬授業、授業実践を繰り返しながら授業改善を図り、教科等の指導力を高めるとともに、各実践が指導プランの活用例の一助とすることができた。
 2 課題

〇授業構想の検討や実践授業の検証を一層充実させ、教科等の指導力を更に高め、より質の高い授業につなげていくことが必要である。

3 その他(出前講座による研修支援)

1 実績

 各学校園、教育委員会や研究所等からの要請を受けて、各種研修会などに指導主事を「研修支援隊」として派遣し、授業研究会での指導助言やワークショップ等の研修支援を行った。

実績一覧( )内は令和2年度
分類 件数 対象(校種等) 件数 地域等 件数
幼児教育 0(0) 幼稚園 1(0) 中部 6(9)
授業改善 37(24) 小学校 7(13) 西部 6(10)
生徒指導・教育相談 10(5) 中学校 3(16) 吾妻 0(0)
特別支援教育 1(3) 高等学校 35(6) 利根 5(4)
情報教育 14(16) 中等教育学校 0(0) 東部 12(20)
学校・学級経営 1(2) 特別支援学校 5(1) 県立・組合立 33(6)
その他 0(2) 教育委員会等 12(14) その他 1(1)
総計 63(50) 総計 63(50) 総計 63(50)

2 成果と課題

  • 高等学校新学習指導要領を踏まえた観点別評価、いじめ・不登校・自死の未然防止と初期対応など、各学校園等のニーズに応じた研修支援を行うことができた。また、市町村教育委員会向けに1人1台端末や双方向授業支援アプリ、クラウドの活用に向けてカスタマイズした研修支援を行うことができた。
  • 各学校園や市町村教育委員会と連携を図りながら、研修支援隊の実施日や回数等の調整を行い、学校園の要望に応じた研修を実現できるようにしていく必要がある。

このページについてのお問い合わせ

教育委員会事務局総合教育センター
〒372-0031 伊勢崎市今泉町1-233-2
電話 0270-26-9211
FAX 0270-26-9222
E-mail center@edu-g.gsn.ed.jp