本文へ
表示モードの切替
印刷

【6月30日】第66回企画展「宇宙への挑戦」(自然史博物館)

地球、月、惑星、宇宙は、いつ、どのようにできて、どんな姿なのでしょうか。謎を解くために、人類は宇宙を観測し、進出していきました。アポロ、ルナ、かぐや、あかつき、はやぶさ2、H3ロケット、ISS…。世界のロケット、人工衛星、探査機の歴史と技術と科学を通して、人類が目指す宇宙を紹介します。

1 開催期間と主な展示資料

令和4年7月9日(土)~9月11日(日)(season1~月に向かって~)

  • 月の石(アポロ15号)・月の砂(ルナ16,20,24号)
  • 月探査機「かぐや」からの映像、船内作業服(アポロ17号)

令和4年9月17日(土)~11月20日(日)(season2~月よりも遠くへ~)

  • はやぶさ2の模型と、はやぶさ2が持ち帰った小惑星リュウグウサンプルのレプリカ
  • 白萩隕鉄からつくられた榎本武揚の流星刀(長刀または短刀を展示)

【10月22日~23日の期間に限り、流星刀が長刀・短刀ともにそろいます!】
毎週月曜日休館(月曜日が祝日の場合は翌日)、8月は無休
オンラインによる入館予約が必要です。博物館ホームページからご予約ください。
群馬県立自然史博物館(外部リンク)
URL http://www.gmnh.pref.gunma.jp/

2 主な企画展関連イベント

  • 8月21日(日) 講演会『ふたたび月をめざして!』
  • 10月16日(日) ワークショップ『すぐに開く閉じる、人工衛星にも大活躍~ミウラ折りを折ってみよう~』
  • 11月6日(日) 講演会『小惑星探査機「はやぶさ2」~リュウグウ、地球、そして次へ~』

※イベントの予約は、博物館ホームページよりお願いします。
※イベントの内容が変更、あるいは中止となる場合があります。最新の情報は、博物館ホームページをご覧ください。

3 問い合わせ先

群馬県立自然史博物館
〒370-2345 群馬県富岡市上黒岩1674-1
電話 0274-60-1200

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県立自然史博物館
〒370-2345 富岡市上黒岩1674-1
電話 0274-60-1200
FAX 0274-60-1250
E-mail shizenshi@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。