本文へ
群馬県ホームページへ

産経土木常任委員会

 

1 調査目的

 閉会中の委員会活動として、下記事項について県内調査を実施し、今後の本県施策の進展に役立てます。
 (1)観光物産の振興について
 (2)労働者支援と労働環境整備について
 (3)道路・橋梁の整備促進について

 

2 調査期間

  平成22年11月25日(木)

 

3 調査項目

(1)日赤前たなかや(前橋市)

 『日赤前たなかや』(正式名称:「たなかや焼饅頭店日赤前」)は、昭和10年に前橋市朝日町内に創業以来、現在まで営業を続けている老舗の焼きまんじゅう店であり、群馬県が平成20年2月に県庁で開催した「焼きまんじゅうサミット」に参加した焼きまんじゅう店13店舗中の1店でもあります。
 メニューとしては、普通の焼きまんじゅうと餡入り焼きまんじゅう、さらにそれを2個づつ串に刺したミックスの焼きまんじゅうの3種類があります。
 本県ではこれまでに、特産品の振興を図るため「焼きまんじゅうガイドブック」や「THEまんじゅうガイドブックinぐんま」を発刊し好評を得ており、今後「うどんガイドブック」の発行も予定しているところです。
 こうした特産品の実態把握のため、今回、焼きまんじゅうについての製造工程や販売実状等について調査を行います。

 

(2)老朽化した案内看板等の実情調査(前橋市)

 県内には、昭和58年に開催された「あかぎ国体」などを契機に設置された案内看板等が各所に設置されていますが、一部には文字が欠落したりサビたりするなど、老朽化により改修の必要性のある案内板も見受けられる実状です。
 こうした案内板の現状を把握し、今後の改修等の検討をするのための参考とすべく現地調査を行います。

 

(3)ぐんま若者サポートステーション(前橋市)

 若者サポートステーションは、働くことに悩みを抱えているニート等の若者一人ひとりの状況に応じた職業的自立の支援機関である。本県では、前橋市内の「ぐんま若者サポートステーション(平成19年6月開所)」と、太田市内の「東毛若者サポートステーション(平成22年5月開所)」の2箇所を国と県との協働により設置しており、NPO法人キャリア倶楽部が運営に当たっています。
 本県の若者就職支援施策の一環として実施されている当該事業の実状について、「ぐんま若者サポートステーション」の調査を行います。

 

4 出席委員

委員長:新井雅博、副委員長:舘野英一
委員:中村紀雄、委員:小野里光敏、委員:金田克次、委員:塚原仁、委員:村岡隆村、委員:関口茂樹、委員:石川貴夫

 

 



<連絡先>

議会事務局政策広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2892
FAX 027-221-8201
E-mail giseisaku@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。