本文へ
群馬県ホームページへ

総務企画常任委員会

 

1 調査目的

 閉会中の委員会活動として、下記事項について調査を実施し、今後の本県施策の進展に役立てます。
  (1)防災対策(危機管理)について
  (2)公営企業の推進について 

2 調査期間

  平成22年7月21日(水) 

3 調査項目

(1)陸上自衛隊吉井分屯地(高崎市吉井町)
 吉井分屯地は、昭和30年に武器補給処高崎支処として開設され、現在は関東補給処吉井弾薬支処等が駐屯する、陸上自衛隊新町駐屯地の分屯地です。
 昭和40年には弾薬類の試験研究機関として試験室を開設しています。
 有事や大規模災害等の緊急事態が発生した場合には、自衛隊との協力関係が不可欠であり、県内に複数の自衛隊施設が存在する当県において、その組織、業務及び研究内容等を知ることは、今後の防災体制、危機管理面での協力、連携等活動において有効となるものであるので、危機管理、国民保護の観点から調査を行いました。
 また、今年4月に、点検中の対舟艇対戦車誘導弾が誤射される事故が起きていますが、その原因と対応について、防災対策(危機管理)の観点から合わせて調査を行いました。

吉井分屯地にての画像 吉井分屯地にて

(2)新玉村ゴルフ場(玉村町)・前橋ゴルフ場(前橋市)
 県営ゴルフ場は、河川敷の有効利用を図り、幅広く県民が低廉な料金で大衆スポーツとして、ゴルフを気軽に楽しむことのできる場を提供することにより、スポーツ振興を通じて県民福祉の増進に寄与することを目的として建設されたものです。
 民間ゴルフ場が増加し、利用料金の差がなくなるなど県営ゴルフ場を取り巻く環境が変化している中、平成18年度から指定管理者制度を導入し、民間活力を活かした様々なサービスを提供することにより、制度導入前を大きく上回る利用実績を上げており、利用者から高い評価を得ています。
 今年度は、指定の期間が満了し、来年度から指定管理を行う者の選定を行う年であり、現在のゴルフ場の管理運営の状況について、公営企業の推進の観点から調査を行いました。

新玉村ゴルフ場の職員との意見交換の画像 新玉村ゴルフ場の職員との意見交換

前橋ゴルフ場4番ホールファエウェイにて 前橋ゴルフ場3番ホールファエウェイにて

前橋ゴルフ場のコース管理状況の調査の画像 前橋ゴルフ場のコース管理状況の調査

4 出席委員

 委員長:中島篤、副委員長:井田泉
 委員:田島雄一 、委員:原富夫、委員:山本龍、委員:大沢幸一、委員:岩上憲司、委員:水野俊雄

 

 


<連絡先>

議会事務局政策広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2892
FAX 027-221-8201
E-mail giseisaku@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。