本文へ
群馬県ホームページへ

厚生文化常任委員会県内調査(平成23年1月27日)

1 調査目的

 閉会中の委員会活動として下記事項について県内調査を実施し、今後の本県施策の進展に役立てます。
 (1)社会福祉・社会保障の充実について
 (2)保健医療対策の充実について

2 調査期間

  平成23年1月27日(木) 

3 調査項目

(1)社会福祉法人薫英会(北群馬郡吉岡町)
 社会福祉法人薫英会は、知的障害者のライフステージに合った地域移行を目指して、知的障害者更生施設「薫英荘」をはじめとした様々な知的障害者福祉関係施設を運営するとともに、知的障害のある高齢者も受入可能な特別養護老人ホーム「船尾苑」を運営するなど、手を携えて創り出す老人福祉サービスを提供しています。
 福祉向上に幅広い分野で実績を上げている同法人について、「薫英荘」の取組を中心に調査を実施しました。
知的障害者更生施設「薫英荘」前にての画像
知的障害者更生施設「薫英荘」前にて
知的障害者更生施設「薫英荘」での調査(古切手の貼り絵の作業)の画像
知的障害者更生施設「薫英荘」での調査(古切手の貼り絵の作業)

(2)独立行政法人国立病院機構西群馬病院(渋川市)
 西群馬病院は、「地域がん診療連携拠点病院」として、肺がんをはじめとした様々ながんの診断・治療を実施しています。また同病院では、平成5年6月に「緩和ケア病棟」を設置(平成6年7月に国立で2番目、全国で13番目の保険承認緩和ケア病棟となる)して、多職種の専門家チームの下に症状緩和、精神的社会的援助などのトータルケアを実施して、患者が人間らしく最期まで生活できるよう努めています。
  このような専門的ながん医療の提供を実施している同病院について、緩和ケアの取組を中心に調査を実施しました。

西群馬病院の「緩和ケア病棟」を調査の画像
西群馬病院の「緩和ケア病棟」を調査
西群馬病院玄関前にての画像
西群馬病院玄関前にて

4 出席委員

委員長:橋爪洋介、副委員長:大林俊一
委員:早川昌枝、委員:中沢丈一、委員:南波和憲、委員:須藤昭男、委員:金子浩隆、委員:久保田務、委員:角倉邦良、委員:後藤克己

<連絡先>

議会事務局政策広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2892
FAX 027-221-8201
E-mail giseisaku@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。