本文へ
表示モードの切替
印刷

施設概要

東毛青少年自然の家は、国際児童年記念事業として旧新田郡藪塚本町に建設された県立施設で、昭和54年11月24日に開所し、敷地6.8ヘクタール(68,358平方メートル)、宿泊定員は200名(16人定員の宿泊室12室とリーダー室1が3人2が5人)です。当所は、県東部の桐生市、みどり市、太田市にまたがる大間々扇状地の中に分離丘陵として島状につらなる八王子丘陵のほぼ中央、八王子山西側、北緯36度22分07秒、東経139度19分38秒、標高143.2メートルに位置しています。主峰茶臼山(標高293.9メートル)からの展望は特にすぐれ、赤城山をはじめとする上毛三山や浅間山、秩父連峰、富士山、渡良瀬川などが一望できます。施設の周囲には、数億年前に海であったことや海底火山があったことを物語る、地層・貝化石・石灰・溶結凝灰石などが見られる外、菅塩沼をはじめ大小30余に及ぶ池沼に恵まれ、バン・カルガモ・カイツブリ・トビ・サギ等の野鳥、カラスのコロニーが観察できます。また、近辺の沢には丘陵からきれいな水が流れ出ていて、サワガニ・トンボ類をはじめ、カタクリ・コウヤボウキの植物群落も豊富に見られます。加えて、日本で最初に旧石器時代の人類文化を明らかにした岩宿遺跡、新田一族ゆかりの金山城北の八王子城跡、北山古墳、西山古墳、銅山街道、岡登用水、太田市立藪塚本町歴史資料館、三日月村、スネークセンター、県立ぐんま昆虫の森、ぐんまこどもの国などの学習環境にも恵まれています。

施設内容

  • 研修室(大:77人、中:46人、小:18人)
  • プレイホール(体育館)
  • 宿泊室(和室) 最大定員 200人(1~12号室(24畳)、リーダー室1(8畳)、リーダー室2(15畳))
東毛青少年自然の家外観写真

このページについてのお問い合わせ

県立東毛青少年自然の家
〒379-2301 太田市薮塚町3657
電話 0277-78-5666
FAX 0277-78-7322
E-mail kitoumo@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。