本文へ
表示モードの切替
印刷

もっと知りたい!出前なんでも講座

【お知らせ】女子大学及び県民健康科学大学の講座について

平成30年度から、県立大学が公立大学法人により運営されることを受け、これまで女子大学及び県民健康科学大学が実施していた講座は、大学独自の事業として、両大学が直接対応することとなりました。
そのため、両大学への申込みは、直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。

お問い合わせ先(女子大学及び県民健康科学大学)

群馬県立女子大学「出前講座」(外部リンク)
群馬県立県民健康科学大学「出前講座」(外部リンク)

出前なんでも講座の詳細

対象となる集会は? | 経費はかかるの? | 出前なんでも講座 人気ベスト10(県政) | 過去の実績 | 利用者の感想

対象となる集会は?

県内にある町内会や子ども会などの地域の団体、企業などの民間団体、学校や市町村などの公的団体などが主催する、おおむね15人以上の会議や説明会、授業などの集会が対象です(営利目的の集会などは対象外とします)。
日時は、土日祝日や夜間も対象(要相談)とし、なるべく、ご希望に合わせます。

経費はかかるの?

講師の派遣は無料です。
ただし、有償頒布している資料を使う場合や材料費、会場の運営経費などは、主催者側の負担となります。また、資料の原稿は講師が用意し、印刷は主催者側でしていただく場合があります。

出前なんでも講座 人気ベスト10(県政)

令和3年度

1位 薬物乱用防止について<薬務課>
2位 ひきこもりについて<こころの健康センター>
3位 ぐんまの防災<危機管理課>
4位 冬の星空案内<ぐんま天文台>
5位 SDGsについて<戦略企画課>
5位 発達障害について<発達障害者支援センター>
5位 酒づくりの話<産業技術センター>
6位 産業廃棄物対策について<廃棄物・リサイクル課>
6位 自殺対策について<こころの健康センター>
6位 お薬何でも相談について<薬務課>
6位 カイコの飼育<ぐんま昆虫の森>
6位 感染症予防について<感染症・がん疾病対策課感染症危機管理室>
6位 16ミリフィルム映画会<生涯学習センター>
6位 生涯にわたる食育について<健康長寿社会づくり推進課>

令和2年度

1位 薬物乱用防止について<薬務課>
1位 感染症予防について<保健予防課>
3位 児童虐待防止について<児童福祉課>
4位 季節の星空案内<ぐんま天文台>
4位 口腔機能(食べること、飲み込むこと)の支援について<保健予防課>
4位 発達障害について<発達障害者支援センター>
7位 人にやさしい福祉のまちづくりについて<障害福祉課>
7位 がんに負けない<がんセンター>
7位 ぐんまの魅力について<eスポーツ・新コンテンツ創出課>
7位 熱中症対策について<保健予防課>
7位 依存症について<こころの健康センター>

令和元年度

1位 薬物乱用防止について<薬務課>
2位 感染症予防について<保健予防課>
3位 児童虐待防止について<児童福祉課>
4位 熱中症対策について<保健予防課>
4位 子どもを対象とした安全対策について<消費生活課>
4位 ぐんまの魅力について<広報課>
7位 「水害」に備えて<河川課>
7位 ワクわく子育てトーキング<生涯学習センター>
7位 季節の星空案内<ぐんま天文台>
10位 生涯にわたる食育について<保健予防課>
10位 適切!的確!な口腔ケアについて<保健予防課>

過去の実績

過去の実績表一覧
年度 テーマ数 実施回数 参加(受付)人数
令和3年度 350 93回 6,169人
令和2年度 377 105回 4,660人
令和元年度 386 339回 19,871人
平成30年度 403 382回 20,868人
平成29年度 489 582回 34,118人

ご利用いただいた皆さまからの感想

感想一覧表
テーマ 利用者の感想
ひきこもりについて 一般的にいう「ひきこもり」とは、どんな状態か?非常に曖昧で、今回の研修で、定義の確認ができました。そして、「ひきこもり」になってしまった要因も様々で、そこからの回復も少しずつ段階を経てやっていかなければならないということも分かりました。今回、コロナ禍の申し込みで、研修会がだいぶ延期となり、ようやくこぎつけました。先生に来ていただき本当に良かったと思います。
おいしい干し芋の作り方 夕方からの開催に合わせ、日程ならびに時間の調整をしていただき大変ありがたかったです。実際に干し芋を作りながら、待ち時間に講習を受講できるところが良かったです。地元産のサツマイモを使い、伝統的な食文化を知ることで伝える行動がSDGsにつながる行動になり、とても満足しています。今後も出前なんでも講座を利用させていただきます。
児童虐待防止 群馬県の児童福祉の現状とその対応の難しさについて現場の生の声を聞かせていただき、教科書では知り得ない深い学びとなりました。また、講座の中で視聴した「ほめトレ」の動画は、福祉だけでなく教育や保育にも通ずる大切な視点が描かれており、どの専攻の学生にも訴えかけるものがありました。動画の啓発も含め今後、大学の授業等でも活用させていただきたいと思いました。
薬物乱用防止について 講演会後に生徒が書いた感想から、若者の薬物乱用者が増えていることに危機感を感じたようでした。SNSで巧みに誘い出す手法にも、もし自分ならきちんと断れるだろうか、と自分事として考えた様子でした。今回の講演を聞くことで、薬物乱用が心身に与える危機感を認識し、もし誘われたとしても、「たった1回が人生を壊すことを思い出す」や「家族のことや将来の夢を考えながら断る」という感想が多く見られ、誘惑に負けない意思を持ったようでした。
季節の星空案内 金星、木星、土星の惑星観望その後恒星(アルビレオ)、アンドロメダ大星雲の解説 夏の大三角形、秋の四角形をサンドイッチ、食パン、カシオペア座をマックに例えるなど、小学校低学年の子にも興味が持てるように解説していただいた。
尾瀬に親しむ県民講座 基本内容に加えて当方の希望もふんだんに盛り込んでいただき、大変好評のうちに終了しました。本当にお世話になりました。尾瀬の自然の奥深さを知れたこともさることながら、その環境活動の大切さと実施に至る経緯を丁寧に教えていただけたことに感謝します。

出前なんでも講座へ戻る

このページについてのお問い合わせ

生活こども部県民活動支援・広聴課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2176
FAX 027-223-2944
E-mail kenminka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。