本文へ
表示モードの切替
印刷

令和3年度8月補正予算について

令和3年度8月補正予算のフレーム

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、営業時間短縮要請に協力する飲食店等に協力金を支給するとともに、新型コロナワクチン接種の更なる加速化を図るため、「県営ワクチン接種センター」の接種能力の増強等を行うための補正予算を、令和3年第4回臨時会に提出する。

補正予算のフレーム (単位:百万円)
歳出 歳入
1 感染拡大防止対策・事業者支援 17,217
 (1)感染症対策営業時間短縮要請協力金 16,332
 ・営業時間短縮要請に協力する飲食店等に協力金を支給
 ○要請期間 令和3年8月7日~31日
 8月7日:県独自の営業時間短縮要請
 8月8日~31日:まん延防止等重点措置
 ○対象地域(国と調整中)
 ●重点措置区域:20市町村
 ・前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市、 榛東村、吉岡町、玉村町、板倉町、明和町、千代田町、大泉町、邑楽町
 [協力金(上限額)]1日あたり3万円~10万円ほか
 ●その他区域:上記以外の15町村
 [協力金(上限額)]1日あたり2.5万円~7.5万円ほか
 ※県独自の営業時間短縮要請(8月7日)に係る協力金は、全市町村において「その他区域」と同様

 (2)感染症対策事業継続支援金   885
 ・まん延防止等重点措置に伴う営業時間短縮や外出自粛の影響により一定の売上減少のあった県内中小企業者等へ支援金を支給

2 ワクチン接種の更なる加速化 3,835
(1)県営ワクチン接種センターの接種能力の増強 3,825
(現計予算額:3,543百万円→補正後予算額:7,368百万円)
 ・ワクチン接種の更なる加速化を図るため、県央・東毛に設置した「県営ワクチン接種センター」の接種能力を増強

(2)若年層へのワクチン接種の促進 10
 ・感染が拡大傾向にある20~30代の接種を促進するため、 被接種者等へのインセンティブを導入

1 国庫支出金 19,758
 ・緊急包括支援交付金 3,645
 ・地方創生臨時交付金 16,113
 
2 受託事業収入 1,294
 ・ワクチン接種数に応じて、市町村から財源を受け入れる(市町村は国から交付された国庫支出金を財源に、県に支払いを行う)

歳出計 21,052 歳入計 21,052

 補正後予算額 833,572百万円 (現計予算額 812,520百万円)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

総務部財政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2091
FAX 027-224-9123
E-mail zaiseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。