本文へ
表示モードの切替
印刷

令和3年度の評価結果

第1 令和3年度の事業評価

 基本計画の令和3年度の施策評価については、危機管理対応の充実を除く、計画に掲げる19の基本施策(43の施策展開、91の個別事業)を対象とし、総合的な視点で評価を行いました。

1.評価方法

(1)一次評価(数値目標達成状況評価・個別事業実績評価)

 設定した数値目標の達成状況について、年次目標をどの程度達成したかを4段階により、事業所管課が評価をしました。また、個別事業実績を中心に、それ以外の成果や外部要因を加味し、事業実績についても4段階により、事業所管課が評価をしました。

数値目標達成状況評価
評価区分 達成率
A 95%≦達成率
B 75%≦達成率<95%
C 50%≦達成率<75%
D 達成率<50%
評価困難 評価困難
個別事業実績評価
評価区分 考え方
十分 十分な実績をあげている
概ね良好 概ね良好な実績をあげている
やや不十分 実績がやや不十分である
厳しい状況 実績が厳しい状況
評価困難 評価困難

(2)二次評価(施策評価)

 一次評価の結果を踏まえ、計画全体の進捗状況等を総合的に分析・検証し、各施策について4段階で総合評価をしました。

4段階の総合評価
評価区分 考え方
順調 順調に進捗している
概ね順調 概ね順調に進捗している
やや遅れ 進捗状況がやや遅れている
遅れ 進捗状況が遅れている
評価困難 評価困難

(3)審議会等の意見の反映

 二次評価の結果をもとに、群馬県食品安全審議会等で意見交換を行いました。

(4)最終的な評価

 食品安全審議会等からの意見を踏まえて、最終的な評価としました。

2.評価結果の概要

(1)一次評価(数値目標達成状況評価)

 91の個別事業の中で、数値目標を掲げているのは、20項目である。このうち、令和3年度の結果が出ていない2項目を除く18項目を評価した結果、A評価が9項目(50%)、B評価が1項目(5%)、C評価が3項目(17%)、D評価が3項目(17%)でした。
 なお、2項目(11%)については、事業の中止等により評価困難としました。

(2)一次評価(個別事業実績評価)

 個別事業91事業(再掲を除く)について、事業の実績を中心に、それ以外の成果や外部要因等を加味して評価を行ったところ、26事業(29%)が「十分」、47事業(52%)が「概ね良好」と、事業の約8割で良好な結果となりました。
 一方で、新型コロナウイルス感染症の影響で、予定していた講習会や食品安全検査等が実施できず、9事業(10%)が「やや不十分」、5事業(5%)が「厳しい状況」の評価となりました。
 「厳しい状況」と評価した事業は、いずれも事業者及び消費者等への啓発・理解促進活動でした。これらの事業については、事業者や消費者の啓発・理解促進の機会を確保するため、研修や講習会等については、オンラインの活用等様々な手法により事業の実施を検討し、事業者や消費者の啓発・理解促進の機会を確保していく方針です。

(3)二次評価(施策評価)

 一次評価の個別事業に関連する指標データ等を含め、各施策を総合的に評価した結果、19施策中2施策(11%)が「順調」、12施策(63%)が「概ね順調」、4施策(21%)が「やや遅れ」、1施策(5%)が「遅れ」でした。
 新型コロナウイルス感染症の影響を受けたものの、約4分の3の施策は概ね順調に進捗しました。但し、対面により実施する事業を含む施策は遅れがみられました。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2421
FAX 027-243-3426
E-mail shokuseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。