本文へ
表示モードの切替
印刷

「親子で学ぶ食品の科学」を開催しました

 食品について親子で学べるイベント「親子で学ぶ食品の科学」を開催しました。
 食品添加物のはたらきなど、身近なものを使った実験等を交えながら、食品表示から何が読み取れるかを学びました。

開催日時

 令和4年8月1日(月)、8月2日(火) 午後1時30分~午後3時30分

参加者

 令和4年8月1日(月) 11組23名
 令和4年8月2日(火) 10組23名
 ※対象は小学4~6年生とその保護者

内容(プログラム)

  1. 食品表示のいろは
  2. はたらくビタミンC
  3. 清涼飲料水のひみつ
  4. 着色料の色はイロイロ
  5. おまけの実験

参加者の感想(抜粋)

  • 楽しく参加させてもらいました。少ない時間の中、盛りだくさんの実験があって大変満足できました。自由研究に役立てようと思います。
  • 子どもがとても楽しそうにやっていました。食品表示など、理解できました。
  • 子どもにも分かりやすく食品の色について、知ることができました。
  • ビタミンCは、すっぱいものに多いと思ったら違っていてびっくりした。自由研究でビタミンCでいろいろ実験したいです。
  • 実際に実験して体験することで、食品添加物について身近に感じられたと思います。基本的な知識を分かりやすく教えていただいた中で、「じゃあ、これはどうなんだろう?」と、子どもから疑問も生まれていたので、夏休みに一緒に調べてみたいと思います。大変勉強になり、有意義な時間をありがとうございました。
  • 普段考えないようなことを考えるきっかけになりました。楽しかったです、ありがとうございました。
  • 面白かった。食品でいろいろな実験ができるのが分かった。
  • とても分かりやすい説明で、子どもも興味を持って聞くことができたようです。大人も実験できるお気遣い、大変ありがたかったです。砂糖マジック、驚きです。レモンを入れるだけで、こんなに口当たりが良いとは。食品表示に目を向けようと思いました。楽しい時間をありがとうございました。
親子で学ぶ食品の科学イベントの様子写真

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2423
FAX 027-243-3426
E-mail shokuseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。