本文へ
表示モードの切替
印刷

令和3年度ぐんま緑の県民基金事業予算額

令和3年度ぐんま緑の県民基金事業予算額: 967,365千円

水源地域等の森林整備 予算額一覧
区分 内容 事業量
(予定)
予算額
(単位:千円)
担当課
条件不利地
森林整備
地理的、地形的な条件により林業経営が成り立たず放置されている条件不利な森林の間伐等を実施 事業区域調査:1,000ヘクタール
実施計画調査:700ヘクタール
森林整備の実施:700ヘクタール
533,744 森林保全課
水源林
機能増進
簡易水道等の上流部の森林で水源涵養機能等の低下が懸念される森林を整備し、水源涵養機能を増進 事業区域調査:150ヘクタール
実施計画調査:100ヘクタール
森林整備の実施:100ヘクタール
73,100 森林保全課
松くい虫等
被害地の再生
松くい虫や気象による被害木が放置され、笹竹が繁茂した森林をコナラやスギなどの森林に再生 事業区域調査:30ヘクタール
実施計画調査:20ヘクタール
森林整備の実施:20ヘクタール
25,260 森林保全課
その他 積算システム維持管理費等   3,415  
合計     635,519  
森林ボランティア活動・森林環境教育
区分 内容 事業
(予定)
予算額
(単位:千円)
担当課
ボランティア活動の推進 ボランティア情報の収集と提供、指導や資機材の貸出しなど一体的なサポートを行う森林ボランティア支援センターを整備
  • 「森林ボランティア体験会」開催等による新たな森林ボランティアの発掘
  • 「森林ボランティア交流会」開催等によるボランティア団体間の交流促進
  • 森林整備作業器具の貸出し、安全講習会の開催による森林ボランティア支援の継続
  • 専用ホームページ「モリノワ」、情報誌等による情報提供の充実
11,257 森林保全課
森林環境教育の推進 森林環境教育を推進するため、専門知識を有した指導者を育成
  • 「緑のインタープリター」の資質向上のためフォローアップ研修を実施
  • 森林環境教育コーディネーターや講師派遣体制整備による活動の活発化
2,319 森林保全課
合計     13,576  
市町村提案型事業
区分 事業内容 予算額
(単位:千円)
担当課
地域の実情に合わせ市町村やボランティア団体等が取り組む事業を支援
  1. 荒廃した里山・平地林の整備
  2. 貴重な自然環境の保護・保全
  3. 森林環境教育・普及啓発
  4. 森林の公有林化
  5. 独自提案事業
314,293 森林保全課
制度運営
区分 内容 事業
(予定)
予算額
(単位:千円)
担当課
普及啓発 ぐんま緑の県民税への理解を深めるため、税のしくみ、森林の役割や大切さの普及啓発活動を実施
  • パンフレット等の作成
  • 各種広報媒体の活用やイベントへの出展によるPR
1,793 森林保全課
評価検証 事業の内容検討・実績評価・効果検証などを行う第三者機関を運営
  • ぐんま緑の県民税評価検証委員会の開催(3回)
  • ホームページで事業実施採択箇所、実施報告書、評価検証委員会の開催状況等を公表
774 森林保全課
調査研究 下層植生の早期回復を図るための間伐率等の調査・研究 1,410 林業試験場
合計     3,977  

みんなの森をみんなで守ろう「ぐんま緑の県民税」のページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

環境森林部森林局森林保全課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3278
FAX 027-223-0463
E-mail shinrinho@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。