本文へ
表示モードの切替
印刷

ふるさと納税「ぐんまの動物愛護推進」【ご寄附のお願い】

ぐんまの動物愛護推進の猫イメージ画像

「飼い主のいない猫」の殺処分数を削減するために、猫との正しい接し方を広め支援する取組を推進しています!

主な寄附金の活用内容の紹介

飼い主のいない猫対策支援事業

オス猫の地域猫の画像(右耳がサクラ耳になっています)
オス猫の地域猫(右耳がサクラ耳になっています)
群馬県飼い主のいない猫対策支援事業の推移グラフ画像
群馬県飼い主のいない猫対策支援事業の推移

 平成29年度から開始したこの事業では、(公社)群馬県獣医師会や動物愛護団体と協力し、地域猫活動を行う地区を支援しています。
 具体的には、地域住民へ正しい地域猫活動を啓発し、必要な助言・指導を行うなどのサポートや、地域で管理する猫の繁殖制限処置(避妊去勢手術)を助成を行っています。

 この活動が広まることで、特に子猫の殺処分数の減少も期待できます。
 1匹でも多く不幸な動物の命を救うために、ふるさと納税でのご寄附のご協力をお願いいたします。

<令和2年度末時点の登録状況等>

  • 累計登録地域数:24地域 ※うち2地域は活動終了
  • 累計不妊去勢手術数:498匹(オス:248匹、メス250匹)

無責任飼い主ゼロ推進

 猫との正しいつきあい方について「群馬県飼い猫の適正飼養及び飼い主のいない猫対策ガイドライン」を策定し、飼い主の責任の共通理解と、適正・終生飼養の普及啓発を図ります。

犬猫の譲渡事業推進

 動物愛護センターに保護収容された犬猫の新しい飼い主を見つけ、譲渡をする取組です。譲渡を待つ犬猫に対して、日々の世話や獣医師による健康チェック、ワクチン接種を実施します。必要に応じて治療や投薬なども行います。
 その後、譲渡前の講習会を開催し、正しく飼う約束のできる方に譲渡します。

センターから新しい飼い主のもとへの画像

「群馬の動物愛護推進」に寄附をするには

 ぐんまふるさと納税は、以下のいずれかの方法で申し込むことができます。
 お支払い方法等の詳しいご案内については、寄附の方法をご覧ください。

  • インターネット(ふるさとチョイス)
  • 申込書

 ※この下のバナーをクリックしていただくと、関連ページをご覧いただけます。

令和2年度の寄附金活用結果(金額:3,107,000円)

令和2年度も、「ぐんまの動物愛護推進」にご寄附をいただき、また多くの方からあたたかい応援メッセージをいただき、ありがとうございました。皆さまからいただいた寄附金は、以下の取組のために、大切に使わせていただきました。

【飼い主のいない猫対策支援事業】

  • 新規登録地域数: 9地域 新しく申請があった地域への住民説明や、活動の助言等の支援を実施しました。
  • 不妊去勢手術数:148匹 登録している地域で管理する猫の手術費用を助成しました。

事業の継続・推進のために、「ぐんまの動物愛護推進」のご支援を!

 群馬県では、今後も犬猫の殺処分を減らす取組を推進していきます。
 特に、飼い主のいない猫対策支援事業における地域猫活動は、住民の理解を得ることや手術をしてから猫の数が減少に転じるまでにどうしても時間がかかります。そのため、施策の効果が現れる数年~10年までの期間は、取組を継続して行わなければなりません
 こうした活動を継続的に支援するためには、皆様からのご支援、ご協力が不可欠です。

 引き続き、皆様からの応援をお待ちしています。

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2442
FAX 027-243-3426
E-mail shokuseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。