本文へ
表示モードの切替
印刷

教育関連情報(令和3年9月配信)

いじめ防止への取組

 県教育委員会では、県内の全ての学校における、児童生徒による自主的ないじめ防止活動を支援することを通して、いじめを許さない気持ちや態度を育てるとともに、いじめの未然防止に取り組んでいます。また、いじめの正確な認知に基づく適切な対応、相談体制の充実、保護者や地域の皆さんとの連携、関係機関との連携など、さまざまな事業を通していじめ対策に取り組んでいます。

いじめ防止フォーラム

 児童生徒が主体となり、県内12地区ごとに、いじめ防止を目的としたフォーラムを開催しています。小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の代表者が、校種を超えて意見交換を行い、いじめを許さない学校・社会づくりを目指します。
 学校では、年間を通してさまざまないじめ防止活動に取り組んでいますが、フォーラムに参加することにより他の学校の取組やアイデアを共有し、それぞれの学校に生かすことができます。
 令和3年度は、SNSによる誹謗中傷等のいじめの増加や一人一台端末の活用等の現状を踏まえ、全ての地区で「これからのネット社会をよりよく生きていくために、今、私たちにできること」を共通のテーマとして話し合いました。ネットリテラシーの向上を目的として県が作成した動画教材を視聴し、その動画の内容を踏まえて班別協議や発表を行っています。新型コロナウイルス感染症の影響で、例年通りの参集型による開催ができない中、書面やオンライン会議など開催方法を工夫して実施しています。

オンライン会議で意見を出し合う様子の写真
黒板を使って意見発表する様子の写真

太田地区でのオンライン開催の様子

 太田地区では、県立太田高等学校が事務局となり、市内の小学校、中学校、高等学校、義務教育学校、特別支援学校の計43校の代表児童生徒が、インターネット社会で起こり得るいじめやSNSトラブルへの対策等について、オンライン会議で話し合いました。参加者は、事前に県が作成したネットリテラシー向上動画を視聴して各自の意見をまとめておき、当日は班ごとに分かれて意見を出し合いました。
 初めてのオンライン会議による開催でしたが、事前に接続テスト等の準備を行い、意見発表の際には、画面越しに伝わりやすくなるよう黒板やホワイトボードを活用するなどの工夫をして、順調に会議を開催することができました。

 児童・生徒から出た意見
  • 「情報リテラシーを学び、自分で判断し、行動に責任を持とう。」
  • 「相手の立場になって行動しよう。」
  • 「ネットよりも対面でのコミュニケーションを大切にしよう。」

各地区でオンライン開催した様子について

令和3年度「いじめ防止フォーラム」の実施についてのページで紹介しています。

県が作成したネットリテラシー向上動画

ネットリテラシー向上動画教材「インターネットの光と影を知ろう!」からご覧ください。

ネットリテラシー向上動画の一場面画像
ネットリテラシー向上動画の一場面

ぐんま高校生オンライン相談(LINEによる相談)

 生徒の不安や悩みに早期に対応するため、県内全ての高校生(特別支援学校高等部の生徒を含む)と一部市町村の中学生を対象に、生徒にとって身近な通信手段であるLINEを活用した相談窓口を開設しています。
 勉強や部活動、友人関係、家庭生活のことなど、どのような内容でも匿名で相談できるので、ひとりで悩まず気軽に相談してください。秘密は厳守します。相談には、精神保健福祉士の有資格者等、複数の相談員が応じています。
 相談を希望する場合は、学校から配布された周知カードからLINEで「友だち登録」をして、相談を開始してください。

相談画面のイメージ画像
相談画面のイメージ(サンプル画像)

相談日・時間

毎週日曜日(令和4年1月2日を除く)  18時~21時
(※注)令和4年1月5日(水)から12日(水)までは毎日相談できます。

「友だち登録」をすると、相談のほか、インターネットを正しく使いこなすために役立つ動画やコラム、クイズ等が定期的に配信されます。
今、相談したい内容がなくても、気軽に登録してください。

ぐんま高校生オンライン相談(LINEによる相談)

いじめ防止ポスターコンクールの実施

 児童生徒自身が、いじめについて考え、いじめを許さない気持ちや態度を育てる機会とするため、毎年、いじめ防止に関するポスターコンクールを実施しています。
 令和3年度も、県内の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校等の児童生徒から数多くの作品が寄せられています。今後、入賞作品の展示や表彰が行われ、啓発ポスターとして選ばれた作品は、各学校等で広報資料として活用されます。

いじめ防止ポスターコンクール

令和2年度最優秀賞作品 小学1~3年生部門ポスター画像 
令和2年度最優秀賞作品 小学1~3年生部門 
令和2年度最優秀賞作品 高校生部門ポスター画像 
令和2年度最優秀賞作品 高校生部門 

いじめ等に関する相談窓口をご利用ください

 県では、いじめ等に関する相談窓口を設けています。
 また、県内全ての公立小中学校、県立高校等にスクールカウンセラーを配置し、いじめや不登校などに適切に対応するとともに、学校における相談体制の充実を図っています。
 いじめに悩んだり、心配なことがあったら、ひとりで悩まずに相談してください。

いじめ等に関する相談窓口

相談窓口

相談日・時間

相談方法

ぐんま高校生オンライン相談(LINEによる相談) 令和4年3月13日(日)までの毎週日曜日(1月2日は除く) 18時~21時

(※注)1月5日(水)から12日(水)は毎日相談を受け付けます。
  • LINEによる相談
  • 学校から配布された周知カードから「友だち登録」して相談を開始してください。
子ども教育・子育て相談(外部リンク)
  • 月曜日~金曜日 9時~17時
  • 第2・第4土曜日 9時~15時
(※注)祝日・年末年始等は除きます。
  • 電話相談 0270-26-9200
  • 来所相談は事前予約が必要です。ご希望の場合は、上記電話番号へご相談ください。
24時間子供SOSダイヤル(いじめ問題やその他の子供のSOS全般:外部リンク) 24時間対応
  • 電話相談(フリーダイヤル)
    0120-0-78310(なやみいおう)
インターネットの誹謗中傷相談窓口 月曜日~金曜日の9時~16時
(※注)祝日、年末年始は除く。
(※注)メール相談、相談フォームは24時間受け付けます。

このページについてのお問い合わせ

教育委員会事務局総務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4526
FAX 027-243-7786
E-mail kisoumuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。