本文へ
表示モードの切替
印刷

ハクチョウでにぎわう日本遺産・多々良沼(2022年1月16日 館林市、邑楽町)

ハクチョウと富士山の写真
ハクチョウと富士山
ハクチョウと男体山の写真
ハクチョウと男体山
氷の上のハクチョウの写真
氷の上のハクチョウ
ミコアイサの写真
ミコアイサ
多々良沼の夕暮れの写真
多々良沼の夕暮れ

 ハクチョウの飛来地である多々良沼。1月を迎え、東北や北陸地方での寒波の影響もあり、飛来数が増加してきました。

 今日は朝から次々とハクチョウが飛来し、今シーズン最多となる276羽の飛来を確認しました。また、朝は沼面が凍っていたため、ハクチョウが氷の上を歩く姿や、普段見られないミコアイサ(愛称:パンダガモ)を沼岸の近い場所で見ることができました。

 休日で天気にも恵まれ、野鳥観察や遊歩道での散歩を楽しむ人で終日にぎわいました。お昼になると、駐車場の車の中や公園内の休憩所、ベンチなどで持参したお弁当を広げて食べるグループや家族連れの姿が見られました。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。